ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« ”鏃”に釣られました… | メイン | 今週の”ザ・フィッシング”は… »

2009年11月17日 (火)

20g=40g??

そういえば、この前の釣行時に実感しましたが

片方が、飛び過ぎなのか??

もう片方が、飛ばな過ぎなのか??

ほぼ同じなんですよね…

何かといえば

20gのメタルジグと40gのメタルジグの飛距離が、ほぼ同じなんですよ汗

ただし…

20gのタックルは、デイメバロッドの『ダイワ 月下美人 跳ね調子

40gのタックルは、ショアジギロッドの『ダイワ シーホーク SJ80』 です。

『跳ね調子』のキャストウェイトは、9gまでですがドキッ

20gのジグも、大遠投できちゃいます(おすすめしませんが)キラキラ

『シーホーク』のキャストウェイトは、60gまでOKなのですが

全長が、8フィートとショアジギング用のロッドとしては短めで

ダイワのロッドとしては、張りが強めで、リリースが決まれば

ジグの重さに比例して飛距離が出ますが、リリースをミスると

20gの『跳ね調子』と同じか、それ以下の飛距離になっちゃいますタラ~

『跳ね調子』の方は、キャストもしやすくて、安定した飛距離です黄色い星

欲をいえば、あと15mくらい飛んでくれるといいんですけどね。

まぁ、『跳ね調子』のキャストウェイトは、20gがあたりが限界なので

これ以上の飛距離は、”ショアジギ”ロッドに頼るしかないかなシーッ

う~ん…この前の休みは、久々に釣りをしていないし…

早く、メタルジグを、思いっきりぶん投げたいですガーン スミス(SMITH LTD) メタルフォーカス
スミス(SMITH LTD) メタルフォーカス

このジグの”コーティング”は、しっかりしてますね。

コメント

こんにちは!
キャストウェイト9gのロッドで無理して20gを投げていると金属疲労で早く痛みますよ、遠投はショアジギロッドに任せた方が良いですね。

この記事へのコメントは終了しました。