ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« 毎週から隔週へ | メイン | 上蓋収納 »

2014年11月26日 (水)

PRESSO AGS62XULのインプレ

エリア専用ロッドとしては三本目となる

ダイワ プレッソ AGS 62XUL” ですが

購入後、5回使用してみたところなので

現時点の感想でも書いてみますthink

Pa280984

【飛距離】

トップ(低弾性)、ベリー(中弾性)ともに柔らかいので

キャスト時は、しっかりとルアーの重みを乗せないと

飛びませんsweat01

※ロッドを泣かすキャストしてる方は飛ばないと思います…

【感度】

PEラインを使用しているため、”AGS”の効果自体は

感じ難いですが、ナイロンラインを使用したら効果を

感じられるかも知れませんthink

【パワー】

トップ、ベリーから、バットまでしっかりと曲りますが

バットパワーはある感じで、乗せられっぱなしには

ならないですconfident

ただし、XULなので、モンスターを掛けると大変かもcoldsweats01

【フッキング】

掛けていかないとフッキングしてくれない場面では

不利になりますが、それ以外では、バイトを弾き難く

フッキングし易いと思いますnote

【バラシ難さ】

フックに問題(伸びやフックポイントの鈍り)無ければ

ロッドがしっかりと曲るので、テンションが抜けにくく

バラし難いと思いますup

【ランディング】

しっかりと曲るので仕方ないですけど、ランディング時は

少々コツがいる感じですsweat01

【汎用性】

クランクは、シャローからボトムまで問題なく使えますshine

トップからベリーが柔らかいこともあり、トップ使用時も

アクション付けても移動距離が少なめに操作出来ますhappy01

【釣り味】

しっかりと曲るので、小型トラウトが多いエリアでも

とっても楽しむことが出来ますlovely

バットはSVFで、XULにしてはパワーはあるので 

掛けた魚によっては、バットが働いたり休んだりして

エギング時のジェット噴射(2~3キロクラス並み)を

感じさせる場面もありますhappy01

【総合】 

比較の対象となるのは、最初に購入した

グラファイトリーダー ベレッツァ 632XUL”と

二本目の”プレッソ 63UL-SVF”になりますが

三本の中では、弾き飛ばす感じでキャスト出来る

”63UL-SVF”が安定して飛距離を出せますが

”632XUL”よりも”62XUL”が投げやすいですthink

釣り味は”632XUL”も楽しめますが、バットパワーは

”62XUL”の方があるので、安心感はありますconfident

数を釣る競技には不向きな感じが、しますけど

1匹とのやり取りを楽しむにはピッタリなロッドですhappy01

ダイワ(Daiwa) プレッソ 1025【釣具のポイント】

ダイワ(Daiwa) プレッソ 1025【釣具のポイント】
価格:34,560円(税込、送料込)