ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« ATDの不調 | メイン | 12ヵ月点検 »

2016年3月 4日 (金)

今期はシングル仕様

エリアでは、リリースや怪我防止などの理由で

バーブレス(かえしの無い)のシングルフックを

使用してます(ルール化されてる場所も多い)が

渓流釣行時は、スプーン以外はバーブ付きの

トレブルフックを使用していますthink

渓流釣行の際に、時折、厄介に感じるのは

ネットイン後に、魚が暴れて起こるフック絡みdown

渓流で使用してるネットは、ネットの表面に

ラバーコート仕様のものを愛用してるので

ラバーコート無しよりは、絡み難いけれど

エリア用と比較すると、煩わしさは否めないsweat02

かといって、エリア用ネットを渓流で持ち歩くのは

大き過ぎて邪魔になっちゃうしcoldsweats02

最大でも尺サイズの渓流魚にマッチするような

ラバーネットの発売が望まれるところですが…

今期は、フックのシングル化も試す予定ですthink

お試しで買ってみたのは

Pc250279

スミス シュアーフック スーパートラウト(サイズ1R)

と スーパーヤマメ(サイズ2) の二種類ですshine

Pc250280

現物を見ないでネット購入したので、サイズ的に

不安もありましたが

Pc260283_2

丁度いい大きさだったので安心しましたconfident

※比較ルアーは「D-コン50」の#12フック

ネット絡みの軽減になるだけでも嬉しいですが

ループアイ仕様なので自由度も上がり、ヒット後に

ローリングされてもバラシ難くなるかなhappy01

全てのミノーを交換出来る数は、買ってないので

使用頻度の高そうなルアーで実験する予定ですcoldsweats01