ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« 浜田エギング~2017年9月6日(水) | メイン | 稲刈り予定 »

2017年9月 8日 (金)

五年も経って分かったこと

渓流釣行で最後の二回に使用したのは

五年前に購入した、パックロッドの

”シーマワイズストリーム54UL-3”

ロッドの張が強めなのでPEラインを

使用している時は、掛けやすいロッドだけど

バレやすい印象でしたsweat02

ラインは、PE素材が高感度で好きなのですが

蜘蛛の巣が多い時期には、リーダーの組直しが

面倒だし、組直し中に”虻”に刺されるたので

ナイロンラインを久々に使用したところですcoldsweats01

その際に感じたのは、手感度もそこそこあるし

バレも少ないってことでしたshine

他のロッドをメイン使用していることも多いので

購入から五年も経って、ようやく分かりましたが

P8270647

シーマ ワイズストリーム 54UL-3の使用時には

ナイロンラインがベストマッチでしたthink