ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« バースデーケーキ | メイン | 散っているかな »

2017年11月22日 (水)

ドラグ不調の原因

前回の釣行時、トップやクランキングに

使用しているXULタックル用のリールの

ドラグが不調で、バイト時に滑りすぎて

フッキングが決まらない事態にsweat02

原因は直ぐに分かりましたが、何故に

そんなことになったのか?不明でしたcoldsweats02

不調の原因は、『ドラグ内部への浸水』で

こうなると、一気に滑る症状が出るので

分解して”ドラグワッシャ”が含んだ水分を

ティッシュペーパーなどに吸わせたり

スプール側の水分を綺麗に拭き取れば

復活しますが、釣り場で分解するのは

部品紛失の恐れがあり断念しましたdespair

帰宅後にドラグノブを外してみると…

Pb180801

やはり、しっかりと浸水していましたheart03

ここにこれだけの水があるってことは

Pb180802

ドラグワッシャは当然のことながら

ドラグワッシャを挟み込んでいる部分も

Pb180803

上側、下側共に水がたっぷりでしたsweat02

これじゃ、スムースな作動どころか

ちゃんと作動する訳がないですdown

UTDの場合には、水分除去のついでに

UTD専用のグリスを塗布出来るけど

ATDの場合、特殊オイル(販売無し)が

使用されていることで、設定値到達前に

滑り始めるって仕組みのため、グリスは

塗らず水分除去しか出来ませんcoldsweats01

特殊オイルが消えて?多少の性能低下は

あると思いますが、このメンテナンスで

取りあえずは、普通に使用出来ますconfident