ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« 残り一月かな | メイン | トッピングフードグロー »

2018年2月21日 (水)

ノットの重要性

先日の記事のルアー回収後に、スナップを

結び直しましたが、冷え込み&強風下で

ノットを結んだこともあり、結束強度が

引き出せていない状況でしたcoldsweats02

レギュラーサイズだと、適当なノットでも

切られることは、ほぼ無いと思いますが

ヒットサイズが、60クラスだったことで

バイト直後のファーストランで呆気なく

ブレークしちゃいましたheart03

歯に触れて切れたのなら仕方ないけど

リーダーには歯形の無いし、切り口も

スパッと切れていなかったので、結束の

強度不足が原因だったと思いますdown

スナップとリーダー部分のノット方法は

”ダブルクリンチノット”としていますが

その時は、ダブルになって無かった…

結び直そうかとも思ったけど、その日は

レギュラーサイズばかりだったので

デカニジも来ないし大丈夫だろう?と

なめていたのがと出ましたねsad

やはり、何時何時大物がヒットしても

いいようにちゃんと結束しとかないと

いけませんねthink