ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« オオサンショウウオ | メイン | エリアトラウト~2018年4月19日(木) »

2018年4月19日 (木)

ハンドルノブのチェック

そろそろ到来する”春アオリ”に備えて

エギング用リールをチェックしましたcoldsweats01

基本的には、メンテナンスの終了後に

収納しているので問題は無いのですが

少しハンドルノブの回りが悪い?ので

P4081069

グリスアップ&ワッシャーの微調整を

することにしましたthink

ハンドルノブ(RCSラージ)を外すには

ノブキャップを外す必要がありますが

かなり硬くなってしまっていて

P4081070

工具は伸びるし、指が痛くなりましたsweat02

次はマイナスドライバーでビスを外して

汚れの除去、ベアリングのグリスアップ

調整用ワッシャーの追加又は減少にて

終了となりますが、この部分の写真を

撮り忘れていましたsweat01

P4081071

ハンドルノブの回りの悪さ?の原因は

構造(ベアリング数)の問題でしたcoldsweats02

というのも、通常はノブの内側と外側の

二個のベアリングで支える構造ですが

このダブルハンドルの場合は、内側の

ベアリング装着部分には段差があって

ベアリングが装着出来ないんですcoldsweats02

そんな訳なので、どうやっても回りが

悪いと感じちゃうんですねthink