ブログ内検索

プロフィール

フォトアルバム

kirin

広島市在住。釣りをはじめて40年の「釣り好きのおっさん(仕事中以外は、釣りの事だけ考えてます!?)」です。殆どがルアーフィッシングで、淡水は渓流でのアマゴ、海ではメバル、アジ、アオリイカ、青物などを狙い、ほぼ毎週釣行していますが、現在は、エリアトラウトがメインかな。 釣行しない休日は、ワンコ(ミニチュアダックス)とのんびり過ごしてます。

アクセスランキング

お気に入り
Powered by Six Apart
Member since 08/2011

« とにかく冷える扇風機 | メイン | 流すには十分 »

2018年8月15日 (水)

ノンリーダーの恩恵

渓流では虫も厄介ですが、蜘蛛の巣も

ラインに付いて、かなり厄介ですcoldsweats02

昨年までは、渓流でもPEラインを主に

使用していたけど、蜘蛛の巣のせいで

ラインシステムを、何度も組直さないと

いけなくなり、その際に虻に刺されて

酷い目に遭いましたdown

痒みが、何日も続いて大変だったので

今年は、ナイロンラインで通してますthink

P7291317

虻は、アロマスプレーで回避出来るけど

ラインに付いた蜘蛛の巣を除去するには

PEの場合だとリーダーを組み直す手間が

増えちゃいますsweat01

その点、ナイロンの通し仕様の場合だと

スナップまで、蜘蛛の巣をスライド可で

手間が省けて楽チンですねconfident

PEと比較すると、手感度は落ちますが

手軽さを優先すれば、ナイロンの方が

いいかなって感じですねhappy01